北の輝き 

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中



会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

[新規会員登録]




新品種ひまわり種子♪
「北の耀き」は品種改良(非遺伝子組み換え)された品種(高オレイン酸種・ハイオレイック)です。
この品種の
本格的栽培は国内初!

ひまわり油お試し用






ひまわり油  搾油工程

北海道名寄市について




携帯でもお買物をお楽しみいただけます。QRコードを読み取りアクセスしてください。


  
「北の耀き」の購入できるお店







 
                            北海道 名寄市          

















    
 天塩山脈、ピヤシリ山系に囲     
まれた北緯44度に位置する。     

    名寄市の「ひまわり」
    昭和48年に設立された「木原天文台」。
    故木原秀雄先生が「太陽の美観」に魅了され、天体観測に人生を捧げた証です。
    この名寄市の小さな天文台から世界的な発見と研究者を輩出することになり、平成22年、名寄市が誇る市立天文台「きたすばる」の誕生へと繋がりました。
    故木原先生の大偉業の一つは肉眼での太陽黒点観測を17年間1日も休まず続けられたことです。昭和59年には年間306日という記録があり、まさに名寄市は晴天率の高いまちであることが証明されました。
    晴天率の高さはひまわり栽培の必須条件です。さらに冬の厳寒期に起こるダイヤモンドダストの自然現象「サンピラー(太陽柱)現象」も話題となりました。
    「太陽のまち」としての機運が高まり、昭和62年名寄市智恵文北山地区に畑作経営の一環として太陽を象徴する花である、ひまわりの栽培が始まりました。
    以来、20余年。
    観光栽培、大規模栽培、そして病気との闘いによる規模縮小など紆余曲折があった名寄市のひまわり栽培。
    そして今日、これまでの歴史と沢山の思いを繋ぐために、市立天文台誕生と時を同じくして平成22年、新品種ひまわりの栽培・搾油事業が民間有志によってスタートしました。
    明るく元気なまちの象徴として、人と人を繋ぐ「絆」の象徴として、ひまわりが、名寄市民の心の文化として末永く愛されることを、そして名寄市を訪れる多くの皆様に、元気と希望をお与えできることを切に願っています。